トップ > 事業案内 > NSスーパーフレーム工法

事業案内

NSスーパーフレーム工法とは?

日本製鉄株式会社様がグループで開発した建物の躯体(骨組み)に関する工法です。構造部分に頑丈な「スチール」と、内装部分には、温もりを感じる「木」とを組み合わせ、快適な住み心地を目指した、時代の最先端をゆく建築工法のひとつとなっております。

 

ハイブリッドなパネル工法

NSスーパーフレーム工法は、スチール(薄板軽量形鋼)と、構造面材(構造用合板、石膏ボード、セラミック系面材など)を使用した「屋根パネル」「床パネル」「壁パネル」とで構成された、ハイブリッドなパネル工法です。

 

ハイレベルな躯体性能

日本製鉄株式会社様がグループで独自の開発を加え、「温熱性能」「耐久性能」「防耐火性能」「遮音性能」「施工性」を大幅に向上、進化させています。

 

[温熱性能]
[耐久性能]
[防耐火性能]
[遮音性能]
省エネルギー対策等級3・4
劣化対策等級3
1時間耐火国交省認定
透過損失等級3

 

NSスーパーフレーム工法
契約事業者として・・・

弊社は、日本製鉄株式会社様より、パネル製作の認定工場として指定を受けており、東日本大震災復興住宅用パネルの製作などを行っております。2011.3.11の東日本大震災では、東日本全体が甚大な被害を受けました。建設業に携わる企業として、地域の復興を早期に成し遂げるため、その使命と責務をしっかりと認識し、全社員一丸となって邁進しております。

 

 

 

みちのく興業株式会社 〒039-1103 青森県八戸市大字長苗代化石26番地3 TEL 0178-20-8828

© みちのく興業株式会社 All rights reserved.